【Colum / 税金】住宅取得等資金贈与を受けた場合の贈与税の非課税

2017-03-06

ご両親や祖父母から住宅を購入するための資金の贈与を受けた場合、その住宅が耐震・エコ・バリアフリー住宅であれば1,200万円(一般住宅は700万円)まで、この制度により贈与税が非課税とされています。

耐震・エコ・バリアフリー住宅は3,000万円(一般住宅は2,500万円)と思われた方はお気を付け下さい。

この3,000万円(2,500万円)は「消費税率が10%となった場合に適用」とされていましたので、消費税率の引上げが平成31年10月1日からと、当初の予定より2年半延長された今では利用できませんのでご注意ください。

また、この非課税限度額は年によって異なりますので、注意が必要です。

この1,200万円(700万円)は昨年1月から今年の9月までで、今年の10月から来年(平成30年)の9月までは、耐震・エコ・バリアフリー住宅が1,000万円(一般住宅は500万円)となります。

根拠条文:措法70の2、平24改正法附則41、平27改正法附則97、措令40の4の2、平24改正措令附則28、措規23の5の2、措通70の2-5

前の記事へ  |  次の記事へ