【Colum / 税金】不動産売却時にかかる税金「譲渡所得の計算方法」

2016-09-19

譲渡所得は、次のように計算します。
収入金額 −(取得費+譲渡費用)− 特別控除額 = 課税譲渡所得金額

・収入金額とは
収入金額は、通常土地や建物を売ったことによって買主から受け取る金銭の額です。
しかし、土地建物を現物出資して株式を受け取った場合のように、金銭以外の物や権利で受け取った場合にはその物や権利の時価が収入金額となります。

・特別控除額とは
土地や建物を譲渡した際、一定の要件を満たす場合には特別控除額を適用することができます。
特別控除には、収用等により土地や建物を譲渡した場合(5,000万円控除)、居住の用に供している家屋やその家屋とともにその敷地を譲渡した場合(3,000万円控除)等があります。

根拠条文:所得税法33条、36条、租税特別措置法33の4、34〜34の3、35、35の2、36、復興財源確保法13

画像

前の記事へ  |  次の記事へ